2017年4月21日

上司と給料は社員が決めると社員満足率が上がり離職率が下がる




スマホで投票
【カイシャの鑑】上司を“選挙”で決める(WBS)

低価格帯めがねチェーン業界3位の「オンデーズ」は近年、急成長しています。その源になっているのが、上司を決める“選挙”です。田中社長は、8年前、30歳の時に社長に就任。業績低迷するオンデーズの改革の柱が選挙でした。毎年全社員による投票が行われるのが、販売現場のトップ「エリアマネジャー」です。本社内には、選挙ポスターが張られ、政見放送の撮影も行われます。選挙の会場にはおよそ450人が集結。選挙の総費用は1,200万円もかかるといいます。各候補者が最後のスピーチをし、上位5人が新たなエリアマネージャーに選ばれました。田中社長は、嫌いな人はいるが、「イエスマンばかり周りに置くよりいい」と強調します。

上司制度の投票結果


グッド・アクション 2015

上司選挙をおこなったことで「離職率50パーセント」から「5パーセント」へ改善したとのこと。




【カイシャの鑑】給料はすべての社員で決める!(WBS)

給料は2日間の査定会議で決まりますが、給料は社員たちの話し合いで決めるという取り組み。査定アップにはプレゼン力がないと厳しいのかもしれませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿